My salad days シェイクスピア名セリフ―英語名言集13

3121PV

words of wisdomー英語名言集

My salad days シェイクスピア名セリフ―英語名言集13

 

My salad days.

私がまだ青二才だった頃。

 

William Shakespeare

ウィリアム・シェイクスピア

 

イギリスが世界に誇る劇作家、

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564-1616)は

生涯に37編の劇作品を残しました。

 

このセリフ(My salad days)は、その中の一編

アントニーとクレオパトラ(Antony and Cleopatra)

の第一幕第五場(Act 1 Scene 5 )に出てくるクレオパトラのものです。

 

少し長めに引用すると、

 

…….My salad days,

When I was green in judgement, cold in blood.

 

あれはまだ私が青二才で、

青くさい分別しかできず、

熱い情熱を持つこともなかった頃の話だわ。

 

となります。

 

ご存知、後世に世界三大美女と言われる、

エジプトの女王クレオパトラ。

 

ローマの将軍アントニーを愛する彼女は、侍女チャーミアン

に、かつての愛人ジュリアス・シーザーについて言われて、

このセリフのように述懐する。

 

史実では、クレオパトラがシーザーに会ったのは21歳の頃、

アントニーに会ったのは29歳の頃となっている。

 

ひとりの女性として考えても、多くの人は、21歳と29歳

ではだいぶ違うでしょうね~~~~。

 

史実と絡めて、クレオパトラにそれをおしゃれに言わせる

シェイクスピア、さすがです。

 

 

"My salad days"

これは、今でも英語の常套句としてよく使われます。

 

例文)

"In his salad days, he had been known to get drunk"

彼は、若かりし頃は、大酒飲みで有名だった。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シェイクスピアの名セリフは他でも紹介しています。

世界は舞台、人は役者―英語名言集2

 

 

 

自動詞と他動詞

3996PV

自動詞と他動詞

自動詞と他動詞は受験英語としては大事

自動詞(vi. Intransitive Verb)と他動詞(vt. Transitive Verb)

は受験英語としては大事です。

 

理由は、

 

自動詞か・他動詞かによって、英文の基本的な

構造(5文型)が決まるからです

 

*[M]は修飾語です。basic terms をどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

第1文型S+V+[M]→自動詞

第2文型S+V+C→自動詞

_______________

第3文型S+V+O+[M]→他動詞

第4文型S+V+O+O→他動詞

第5文型S+V+O+C→他動詞

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ですから、英文をより正確に理解していく上で、

自動詞か他動詞かがパッと分かると、かなりの

強みになります。

 

逆に、こんがらがって分かりづらい部分でも

あるので、受験の文法問題にはとても良く出

てきます

 

とはいえ、それ以外の場面では、完璧な英語を

目指す人以外は、そこまで神経質になる必要は

ないと思います。

(前置詞が抜けたって、たいがいの場合、

意味は通じますから)

 

ですが、最低限の理解は英語学習者なら知って

おいた方が良いです。

 

 

では、具体的にどのように、

自動詞と他動詞を理解していけばいいのでしょうか?

 

自動詞はそこで完結・他動詞は他に影響を与える

よく言われる説明は、

 

目的語(O)を取らないのが自動詞

目的語(O)を取るのが他動詞

 

ですよね?

 

もちろん、自動詞と他動詞においては

ここの理解が最も大事です。

 

でも、これだけだと、いかにも文法の説明然

としていて、分かる人には分かるけど、分か

らない人には分からないままなのではないかと

思います。

 

自動詞は目的語がいらないわけですから、

その動詞(自動詞)が他に影響を与えず、

「自」(みずから)で完結します。

 

______________________

例文)

We talked.

私たちは話した。

 

「話した」という行為は We としか関わらずに完結

できるので、目的語は要らないという事になります。

 

話した内容を言いたい場合は、「前置詞」を使って

[M](修飾語)として後ろに配置できます。

(詳しくは下記で)

 

_______________________

 

 

他動詞は目的語がないといけないわけですから、

「他」に影響を与えるわけです。ここでいう

「他」が「目的語」(O)です。

 

______________________

例文)

I read a book. 私は本を読む

I read→a book

~~読む

この「を」の部分が他のモノに与える影響です。

_______________________

 

自動詞か他動詞かを見分ける方法・順序

以下で詳しく見ますので、ここでは箇条書きで。

 

1 目的語(名詞)が来ているか?

He introduced me to his friend.

動詞の直後に目的語が来ていれば他動詞。

 

2 前置詞が来ているか?

We talked about our teacher.

動詞の直後に前置詞が来ていたら自動詞。

(たまに、目的語が省略された他動詞という

場合もあります)

 

3 結局は文脈

自動詞であり他動詞でもある動詞は山ほどあります。

 

「目的語」「前置詞」でかなりの部分は分かりますが、

何だかんだ言って最も大事なのは「文脈」です。

 

既に書いたように、その動詞が、その文章中で、

「自」分で完結していれば、自動詞です。

 

逆に、「他」のモノ(目的語)に影響を

及ぼしているなら他動詞です。

 

 

1,2,3を全部やっても分からなければ、もうほおって

おきましょう。

(英語を理解していくのに本当に必要な事は多く

ありません。この記事をどうぞ)。

 

とはいえ、下記できちんと説明しておきます。

 

自動詞の後ろには前置詞・他動詞の後ろには目的語

「他動詞は目的語を取る!」と習いますから分かりやすい

ですが、自動詞の後ろに[M](修飾語)がつく場合にも決まり

があります。

 

自動詞の後ろには前置詞が付きます

他動詞の後ろには目的語が来ます

 

例文)

We talked about the next meeting. (自動詞+前置詞)S+V+M

I ate two oranges. (他動詞+目的語)S+V+O

 

 

目的語(O)は名詞の事がほとんどですから、

後ろに名詞が来ているか、前置詞が来ているか

で、自動詞か他動詞かを判断する事もできます。

(文法問題などで役に立ちそうですね)

 

他動詞は、それだけでは完結できないから、

動作の目的となる「目的語」が直後にくるわけです。

 

自動詞は、基本的には、動詞だけで完結しています

から、それ以外の要素(修飾語)が続く場合には、

完結した動詞(自動詞)の方向性を示す前置詞が

くると考えると分かりやすいかもしれません。

 

 

このように、自動詞と他動詞の見分け方ももちろ

んあるわけですが、実はそもそも、自動詞と他動詞

では、数が圧倒的に違います。

 

自動詞と他動詞の割合は?

英語・英文における、自動詞と他動詞の割合は、

 

他動詞 90%

自動詞 10%

 

と言われています。

 

つまり、英語・英文においては、

 

他動詞の方が圧倒的に多く、

自動詞はとても少ない

 

という事実があります。

 

自動詞と他動詞どちらでも使える動詞がたくさん

ありますが、それらも他動詞としての用法が圧倒的

に多いです。

 

このブログで何度も書いてますが、

 

英語というのは語順を大事にします。

(参考記事、「英語は語順」

 

上記記事に書いたように、英語は会話でも文章でも、

英語を作る際の要素(SVOC)の並べ方(語順)が

変わることは基本的にありません。

 

ですから、

 

誰が、なにを、どうした

~が・・・を—した

 

といった個別要素をキッチリとさせます。

 

その結果、動詞の後に目的語をおいて、何を

したのかといった部分を明確にする事の方が

多いのだと思われます。

 

 

では、次に、「自動詞・他動詞・受験英語」では

必須のlie と layについて。

 

lie(自)とlay(他)

lie(自)とlay(他)については、受験英語に

非常によく出てきます。

(問題のための問題つくんなよ、と思いますが、

頻繁に出るので、説明します)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

lie-lay-lain / lying 「横たわる」自動詞

lay-laid-laid/ laying 「~を横たえる」他動詞

*変化は何度も音読して覚えてしまうのが良いです。

 

例題)

1 I've often (lay/ lain/ laid) on the grass.

2 Her hens have (lay/ lain/ laid) four eggs per week.

 

考え方としては、「意味で読み取る」のもありですが、

動詞の後ろに注目して、1は後ろにon(前置詞)が

ありますから、自動詞ですね。

 

さらに have がありますから現在完了です。

ですので、自動詞lieの過去分詞lainが正解です

 

2は後ろに、four eggsという名詞がきていて、

意味的にも、たまごを~となりますから、

他動詞layの過去分詞(ここも現在完了なので)

laidが正解です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

目的語としてよく出てくる他動詞

 

目的語としてよく出てくる他動詞

 

discuss     attend    approach

mention  enter   leave 

reach  answer

 

大事なポイントは、

目的語として出てくる他動詞ですから、

前置詞がいらないわけです。

 

正誤問題によくでてきます。

 

We discussed our schedule.   ○

We discussed about our schedule.  ×

 

一方、自動詞の方も覚え方があります。

 

自動詞は前置詞とセットで覚える

自動詞は、後ろに修飾語が来る場合、

前置詞で接続されるので、

前置詞とセットで覚えるのが良いです。

 

add to  ~を増す =increase

add A to B AをBに加える

search A for B Bを求めてAを探す

reply to~   ~に答える =answer~

insist on~   ~を主張する

take after~   ~と似ている =resemble

 

英語の自動詞と他動詞となると、

「覚えるしかない!」

的な事をいう人もいますが、ここまで説明してきた

ように、キーワードとして、

 

「動詞の直後」「目的語」か「前置詞」か

 

だけを見ても、それなりには分かるはずです。

 

まとめ―自動詞と他動詞

 

●自動詞はそこで完結・他動詞は他に影響を与える

●見分ける順序は「目的語」→「前置詞」→「文脈」

●自動詞と他動詞の割合は、他動詞90% 自動詞10%

●自動詞の後ろには前置詞・他動詞の後ろには目的語

●自動詞は前置詞とセットで覚える

 

 

英語の現在形(Present Tense)―意味・文法・例文

2584PV

現在形 英文法講義

英語の現在形は「今していること」ではない

「現在」形という名前があるので、つい、

 

現在形=今していること

 

と思ってしまう人が一定数いますが、

 

現在進行形でしている事は、それこそ、現在進行形

で表します

 

I'm reading a book. 私は本を読んでいます。

She is watching TV. 彼女はテレビを見ています。

 

等です。

 

 

一方、

英語の現在形は、「いま」を中心として、

過去・未来を含んだ時間を表します。

 

「いま起こっている事象」を表すのは現在進行形です。

(現在形が、現在行われている行動を表す事も0ではあ

りませんが、ほぼないと言えます)

 

では、英語の現在形は具体的に何を意味して、どう

いった場面で使うのでしょうか?

 

英語の現在形の意味―「現在の状態」を表す

英語の現在形を使う主な場面は以下です。

(もちろんこれ以外にもありますが、「主な」場面です)

現在形を使う主な場面

*大事なのは①と②です、④は受験勉強等で

ひっかけ問題によく出ますが、それ以外では

知らなくても困らないでしょう。

 

①一般的事実(現在の性質・状態)

②習慣的な行動

③真理・科学的事実

④未来の代用;確定未来、時・条件を表す副詞節

 

色々とありますが、シンプルに大事なことだけを言えば、

若干広い意味で、

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どの現在形の使用法も、

現在の状態を表しています

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

一つ一つ説明しますが、ネイティブ等の

英語でよく使われ、受験英語にもよくで

てきて、日本人がもっとも間違えやすい

のは「②習慣的な行動」です。

 

①一般的な事実(現在の性質・状態)

これは分かりやすいと思います。

 

She is ten years old. 彼女は10歳です。 (現在の状態)

He loves beer. 彼はビールが大好きです。(一般的事実)

 

②習慣的な行動

これが日本語的ではない英語の現在形なので、

知らないと分かりづらい部分です。

 

例えば、非常によく使われる英語表現で、

 

What do you do?

 

というものがあります。

 

この意味は?

 

「いま、何をしていますか?」

 

違います。その場合、進行形で

 

What are you doing?

 

です。

 

What do you do? は慣用句といっても良いですが、

立派な現在形の英語です。

 

①一般的事実と②習慣的行動、両方の要素がありますが、

意味としては、

What do you do? お仕事は何をしてますか?

直訳すれば、

「(一般的事実として)いつも何をしてますか?」

「(習慣的行動として)いつも何をしてますか?」

 

というイメージです。

 

「いつも何をしてますか」→お仕事は何ですか?

 

という理解で良いかと思います。

 

 

もう一つ、この現在形の使い方を紹介します。

ダスティン・ホフマンの出世作、アメリカン・ニューシネマの

名作『卒業』の名セリフから。

ダスティン・ホフマン演じる、青年ベンジャミンは、優秀な成績で

大学を卒業し、帰郷します。そこで、両親の友人で小さい頃から

知っている、アラフォーのミセス・ロビンソンに誘惑されます。

 

その際の、ミセス・ロビンソンのセリフがこちら。

 

What do you drink? Bourbon?

 

これを、「常識」的に、

 

「何を飲む? バーボン?」

 

と考えてしまうと、映画の面白みも、

現在形の理解もとらえきれません。

 

もし、これが

「何を飲みますか?」

と聞くのであれば、時間感覚に厳密な英語では、

一応「これから」の話なので、

 

飛行機などでよく聞かれる、

 

What would you drink? Bourbon?

What would you like (to drink)?

 

等の言い方になります。

 

が、ここでは現在形を使って、

 

What do you drink?

 

と聞いています。

 

 

はい、そうです。

現在形の意味②「習慣的な行動」

です。

 

What do you drink?  いつも(習慣として)何飲んでいるの?

 

とミセス・ロビンソンは聞いているのです。

 

つまり、大学を卒業した直後の学生に、

 

「あなた、もう子供じゃないから、いつも飲んでいる

お酒があるのよね? バーボンとか?」

 

と言いたいのを遠まわしに、かつシンプルに、かつ

おしゃれに誘惑しているのです。

 

 

シンプルだけど、大人な英語表現ですね~~。

現在形大事ですね~~~。

 

③真理・科学的事実

これは、①一般的事実の一部と言えるかもしれません。

 

Water consists of hydrogen and oxygen. 水は水素と酵素ならなる。

 

④未来の代用;確定未来、時・条件を表す副詞節

「現在の状態」として確定している未来。

Tomorrow is Christmas. 明日はクリスマスだ。

 

(個人的には、こんなの Tomorrow will be

でも良いと思いますけどね・・・)

時・条件を表す副詞節

*受験英語でよく出てきます。

 

これは、考え方をひっくり返すと

「時・条件を表す副詞節では未来形は使わない」

という事です。

 

「副詞節では」ですから、

when や if で始まる節が副詞的に、

●~の時

●~ならば

 

という場合には、

未来形の代わりに現在形を使います

 

例文)

I'll let you know as soon as I hear from our teacher.

先生から聞いたらすぐに君に知らせるよ。

 

You may visit me whenever it suits you.

都合のいい時にいつでも来ていいですよ。

 

この、

「時・条件の副詞節では現在形を使う」

という文法事項は、瑣末なトリビアクイズ的で

英文を理解するという意味で、本質的とは思え

ないので、僕は好きではありませんが、

受験英語にはよく出ます

 

例えば、上記の例文であれば、

______________________________

適当なものを選べ。

I'll let you know as soon as I(  ) from our teacher.

1 will hear  2 hear  3 would hear  4 heard

_______________________________

みたいな感じです。

 

受験英語では、非常によく出てきます・・・。

 

さらに、いじわるのになると、

when の節を使いながら、「副詞節」ではなく、「形容詞節」

だから、現在形ではなく、未来形を使うような問題が出ます。

 

The time will surely come when he will leave you.

 

こんな感じの問題です。

The time will surely come when he (leaves/ will leave) you.

 

これは、when/時の節ですが、「~の時に」の副詞節ではなく、

「~のような時が」という形容詞節なのです。

 

このwhenは関係副詞で、when 以下は形容詞の働きをしてい

る節です。

 

The time/ will surely come/ when he will leave you.

  (S)              (V)                     (M)  

 

 

The 受験英語って感じです。

アホらしいですね。

どっちでもいいと思いますけどね。

 

いちおう、覚えておくべきなのは、

副詞節の時だけ、未来形を現在形で代用する。

意味的には「~~の時に」「~~するならば」。

 

この種の受験英語を間違えないようにするのに良い方法は、

 

●受験前に、徹底して問題集を反復すること●

 

です。英語の理解というより、問題のための問題ですから、

基本的に出るパターンは決まっています。

 

問題集の「時・条件の副詞節」の所を何度も何度もやる

のが結果として一番効率的だと思います。

 

まあ、試験に受かったら忘れてしまうと思いますが、忘れて

いいでしょ。英会話で、この部分を未来形で言ったからと

いって意味は通じますから・・・。

 

現在形の例文

She is ten years old. 彼女は10歳です。(現在の状態)

 

He loves beer. 彼はビールが大好きです。 (一般的事実)

 

What do you do? お仕事は何をしてますか?(現在の状態)

What do you drink? いつも(習慣として)何飲んでいるの?

 

Water consists of hydrogen and oxygen. 水は水素と酵素ならなる。

Tomorrow is Christmas. 明日はクリスマスだ。

 

I'll let you know as soon as I hear from our teacher.

先生から聞いたらすぐに君に知らせるよ。

You may visit me whenever it suits you.

都合のいい時にいつでも来ていいですよ。

 

まとめ―英語の現在形

 

英語の現在形 まとめ

 

英語の現在形は「今していること」ではない

●英語の現在形の意味―「現在の状態」を表す

●「習慣的な行動」が一番大事;What do you do?

●受験英語としては、「時・条件の副詞節」がよく出る

 

 

ジョン・レノン;Give Peace a Chance―英語名言集12

809PV

words of wisdomー英語名言集

Give peace a chance―英語名言集12

 

Give peace a chance.

平和にチャンスを与えよう

 

John Lenon

ジョン・レノン

 

Give Peace a Chance はビートルズ解散後、

1969年にジョン・レノンがプラスティック・

オノ・バンドの名義で発表したソロ・デビュー曲。

 

作詞・作曲のクレジット(名義)はジョン・レノン

とポール・マッカートニーとなっている。

 

 

1969年と言えば、激動の「60s」も最終盤。

ジョン・レノンは理想を歌う。

 

個人的には、(年齢のせいもあるが)理想だけでは

世界はなかなか動かない気がするが、理想を歌う

人がいなくなったらそれこそ世界も終りだ。

 

が、一方でその「理想」もビジネスなんだよな~~。

 

 

give~~~a chance  ~にやらせてみよう

 

この言い方は英語では頻繁に目にする。

 

I'll give you a chance to try again. もう一回やってみな。

 

「やらせる」という訳になりがちだが、ニュアンスとしては、

やる対象の「やり方を見てみよう」的な感じ。

 

そういう視点でこの詩を読むと、

 

「まあさ、とりあえず一回世の中を平和にしてみて、

そこで人間たちがどうやるか見てみようぜ」

 

というイメージになる。

 

日本に住んでると、ずいぶん平和だな~と思うが、世界

レベルで考えるとどうだろう? まだまだ、

 

give peace a chance と言われてもしょうがない状況

かもしれない。

 

もっとひねくれて考えると、戦争をビジネスにしてる

人たちが一方にいるから、こういった歌が立派な

ビジネスになるわけで・・・・。

 

ページの先頭へ