★接頭辞:単語の先頭につき、強調・否定・位置・時間・方向等を表す/un-, mono-, re-

【最重要の接頭辞3つ】

re- :再び、後ろに戻る(back) reaction(反応)

in・im-(否定・中に) impossible(不可能)

dis-(否定) discover(発見する)

 

【数を表す「接頭辞」】

mono-= single (一つの) monochrome 一つの色→ (名) モノクロ

uni-= single (一つの) uniform 制服(一つの服)

bi-= two (2つの) bicyle 自転車(二輪車ですね)

tri-=three(3つの)trio トリオ(3人組)、三重奏

multi-=many(たくさん、多数の)multimedia マルチメディア

「英単語」をやみくもに覚えようとするのはあまり効率的な

方法ではありません。

日本語の漢字でも、「偏」(へん)や「旁」(つくり)でその言葉を

ある程度想像できるものがありますよね?

例えば「鯉」や「鮎」などは、「さかなへん」なので、こい・あゆと

読めなくても、なんとなく「魚関係の漢字かな?」と思うはずです。

英語にも似たような「感覚」で分かる単語というのが多数あります。

英語の場合、「接頭辞・語根・接尾辞」がそれにあたります。

★接頭辞:単語の先頭につき、強調・否定・位置・時間・方向等を表す/un-, mono-, 

★語根:単語の真ん中に来て、その単語の核となります

★接尾辞:単語の後ろにつき、主にその単語の品詞を決めます

この記事では、「接頭辞」についてまとめます。下記の接頭辞を見たらピンとくればいいです。

また、このブログはとりあえず「中学生用」+「シンプルに」としているので、

数はかなり少なめに絞り込んでいます。

接頭辞で効率的に覚えられる英単語は山ほどありますので、最低限の基礎が

身についたら、「接頭辞で単語をまとめて効率よく覚える」事を意識して

いきましょう。それだけでだいぶ違いますので。

 

中学生から知っておくべき最重要の接頭辞

re-(再び・後ろに戻る)/in・im-(否定・中に)/dis-(否定)

re- :再び、後ろに戻る(back)

滅茶苦茶よく出てくる接頭辞です。

reaction(反応):re(戻る)+action(動く)=動きが戻ってくる→反応

reply 返信・返答する

report 報告する

recycle リサイクルする

reform 改良する

rediscover 再発見

その他たくさんあります。

 

in・im-(否定・中に)

install 導入する、インストール

impossible(不可能):im(否定)+possible(可能)=可能の否定→不可能

invisible(目に見えない):in(否定)+visi(見る)+ableを語源とするble(できる)=見ることができるの否定

income(収入):in(中に)+come(入ってくる)=中に入ってくるもの→収入

 

dis-(否定)

「ディスる」という言い方を最近はよく聞きますが、その「語源」ですね。マイナスの意味を

持つ接頭辞です。

disclose(公開する):dis(否定)+close(閉じる)→(内の秘密を外へ大勢の人に)公開する、暴露する

discover(発見する):dis(否定)+cover(~を覆う)→発見する *rediscover:再発見

 

【数を表す「接頭辞」】

mono-= single (一つの) monochrome 一つの色→ (名) モノクロ

uni-= single (一つの) uniform 制服(一つの服)

bi-= two (2つの) bicyle 自転車(二輪車ですね)

tri-=three(3つの)trio トリオ(3人組)、三重奏

multi-=many(たくさん、多数の)multimedia マルチメディア

 

mono-= single (一つの)

monorail モノレール(一本の線路で走ってますね)

monochrome 一つの色→ (名) モノクロ

monologue モノローグ、独り言、一人芝居

(dialogue ダイアローグ、対話) *logue 話す

monopoly 独占

 

uni-= single (一つの)

uniform 制服(一つの服)

unizue 独特な(一つしかない)

unicorn 一角獣

union 結合・組合

 

bi-= two (2つの)

bicyle 自転車(二輪車ですね)

bilingual 二言語話者(バイリンガル)

 

tri-=three(3つの)

triangle 三角形 tri(3つの)+angle(角)

trio トリオ(3人組)、三重奏

triple (形)3倍の

triathlon トライアスロン(3種競技:自転車、水泳、マラソン)

 

multi-=many(たくさん、多数の)

multimedia マルチメディア

multitude 多数の、群衆

multilingual 多数の言語の

*「マルチタレント」(多数の事ができる人)とか言いますよね。

 

まとめ

この記事でまとめたような「接頭辞」が入った単語を見たら「ピン」

とくるようになると英単語を覚えるのがかなり効率的になります。

【最重要の接頭辞3つ】

re- :再び、後ろに戻る(back) reaction(反応)

in・im-(否定・中に) impossible(不可能)

dis-(否定) discover(発見する)

 

【数を表す「接頭辞」】

mono-= single (一つの) monochrome 一つの色→ (名) モノクロ

uni-= single (一つの) uniform 制服(一つの服)

bi-= two (2つの) bicyle 自転車(二輪車ですね)

tri-=three(3つの)trio トリオ(3人組)、三重奏

multi-=many(たくさん、多数の)multimedia マルチメディア

このブログはとりあえず「中学生用」+「シンプルに」としているので、

数はかなり少なめに絞り込んでいます。

接頭辞で効率的に覚えられる英単語は山ほどありますので、最低限の基礎が

身についたら、「接頭辞で単語をまとめて効率よく覚える」事を意識して

いきましょう。それだけでだいぶ違いますので。