自動詞と他動詞は受験英語としては大事

自動詞(vi. Intransitive Verb)と他動詞(vt. Transitive Verb)

は受験英語としては大事です。

 

理由は、

 

自動詞か・他動詞かによって、英文の基本的な

構造(5文型)が決まるからです

 

*[M]は修飾語です。basic terms をどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

第1文型S+V+[M]→自動詞

第2文型S+V+C→自動詞

_______________

第3文型S+V+O+[M]→他動詞

第4文型S+V+O+O→他動詞

第5文型S+V+O+C→他動詞

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ですから、英文をより正確に理解していく上で、

自動詞か他動詞かがパッと分かると、かなりの

強みになります。

 

逆に、こんがらがって分かりづらい部分でも

あるので、受験の文法問題にはとても良く出

てきます

 

とはいえ、それ以外の場面では、完璧な英語を

目指す人以外は、そこまで神経質になる必要は

ないと思います。

(前置詞が抜けたって、たいがいの場合、

意味は通じますから)

 

ですが、最低限の理解は英語学習者なら知って

おいた方が良いです。

 

 

では、具体的にどのように、

自動詞と他動詞を理解していけばいいのでしょうか?

 

自動詞はそこで完結・他動詞は他に影響を与える

よく言われる説明は、

 

目的語(O)を取らないのが自動詞

目的語(O)を取るのが他動詞

 

ですよね?

 

もちろん、自動詞と他動詞においては

ここの理解が最も大事です。

 

でも、これだけだと、いかにも文法の説明然

としていて、分かる人には分かるけど、分か

らない人には分からないままなのではないかと

思います。

 

自動詞は目的語がいらないわけですから、

その動詞(自動詞)が他に影響を与えず、

「自」(みずから)で完結します。

 

______________________

例文)

We talked.

私たちは話した。

 

「話した」という行為は We としか関わらずに完結

できるので、目的語は要らないという事になります。

 

話した内容を言いたい場合は、「前置詞」を使って

[M](修飾語)として後ろに配置できます。

(詳しくは下記で)

 

_______________________

 

 

他動詞は目的語がないといけないわけですから、

「他」に影響を与えるわけです。ここでいう

「他」が「目的語」(O)です。

 

______________________

例文)

I read a book. 私は本を読む

I read→a book

~~読む

この「を」の部分が他のモノに与える影響です。

_______________________

 

自動詞か他動詞かを見分ける方法・順序

以下で詳しく見ますので、ここでは箇条書きで。

 

1 目的語(名詞)が来ているか?

He introduced me to his friend.

動詞の直後に目的語が来ていれば他動詞。

 

2 前置詞が来ているか?

We talked about our teacher.

動詞の直後に前置詞が来ていたら自動詞。

(たまに、目的語が省略された他動詞という

場合もあります)

 

3 結局は文脈

自動詞であり他動詞でもある動詞は山ほどあります。

 

「目的語」「前置詞」でかなりの部分は分かりますが、

何だかんだ言って最も大事なのは「文脈」です。

 

既に書いたように、その動詞が、その文章中で、

「自」分で完結していれば、自動詞です。

 

逆に、「他」のモノ(目的語)に影響を

及ぼしているなら他動詞です。

 

 

1,2,3を全部やっても分からなければ、もうほおって

おきましょう。

(英語を理解していくのに本当に必要な事は多く

ありません。この記事をどうぞ)。

 

とはいえ、下記できちんと説明しておきます。

 

自動詞の後ろには前置詞・他動詞の後ろには目的語

「他動詞は目的語を取る!」と習いますから分かりやすい

ですが、自動詞の後ろに[M](修飾語)がつく場合にも決まり

があります。

 

自動詞の後ろには前置詞が付きます

他動詞の後ろには目的語が来ます

 

例文)

We talked about the next meeting. (自動詞+前置詞)S+V+M

I ate two oranges. (他動詞+目的語)S+V+O

 

 

目的語(O)は名詞の事がほとんどですから、

後ろに名詞が来ているか、前置詞が来ているか

で、自動詞か他動詞かを判断する事もできます。

(文法問題などで役に立ちそうですね)

 

他動詞は、それだけでは完結できないから、

動作の目的となる「目的語」が直後にくるわけです。

 

自動詞は、基本的には、動詞だけで完結しています

から、それ以外の要素(修飾語)が続く場合には、

完結した動詞(自動詞)の方向性を示す前置詞が

くると考えると分かりやすいかもしれません。

 

 

このように、自動詞と他動詞の見分け方ももちろ

んあるわけですが、実はそもそも、自動詞と他動詞

では、数が圧倒的に違います。

 

自動詞と他動詞の割合は?

英語・英文における、自動詞と他動詞の割合は、

 

他動詞 90%

自動詞 10%

 

と言われています。

 

つまり、英語・英文においては、

 

他動詞の方が圧倒的に多く、

自動詞はとても少ない

 

という事実があります。

 

自動詞と他動詞どちらでも使える動詞がたくさん

ありますが、それらも他動詞としての用法が圧倒的

に多いです。

 

このブログで何度も書いてますが、

 

英語というのは語順を大事にします。

(参考記事、「英語は語順」

 

上記記事に書いたように、英語は会話でも文章でも、

英語を作る際の要素(SVOC)の並べ方(語順)が

変わることは基本的にありません。

 

ですから、

 

誰が、なにを、どうした

~が・・・を—した

 

といった個別要素をキッチリとさせます。

 

その結果、動詞の後に目的語をおいて、何を

したのかといった部分を明確にする事の方が

多いのだと思われます。

 

 

では、次に、「自動詞・他動詞・受験英語」では

必須のlie と layについて。

 

lie(自)とlay(他)

lie(自)とlay(他)については、受験英語に

非常によく出てきます。

(問題のための問題つくんなよ、と思いますが、

頻繁に出るので、説明します)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

lie-lay-lain / lying 「横たわる」自動詞

lay-laid-laid/ laying 「~を横たえる」他動詞

*変化は何度も音読して覚えてしまうのが良いです。

 

例題)

1 I've often (lay/ lain/ laid) on the grass.

2 Her hens have (lay/ lain/ laid) four eggs per week.

 

考え方としては、「意味で読み取る」のもありですが、

動詞の後ろに注目して、1は後ろにon(前置詞)が

ありますから、自動詞ですね。

 

さらに have がありますから現在完了です。

ですので、自動詞lieの過去分詞lainが正解です

 

2は後ろに、four eggsという名詞がきていて、

意味的にも、たまごを~となりますから、

他動詞layの過去分詞(ここも現在完了なので)

laidが正解です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

目的語としてよく出てくる他動詞

 

目的語としてよく出てくる他動詞

 

discuss     attend    approach

mention  enter   leave 

reach  answer

 

大事なポイントは、

目的語として出てくる他動詞ですから、

前置詞がいらないわけです。

 

正誤問題によくでてきます。

 

We discussed our schedule.   ○

We discussed about our schedule.  ×

 

一方、自動詞の方も覚え方があります。

 

自動詞は前置詞とセットで覚える

自動詞は、後ろに修飾語が来る場合、

前置詞で接続されるので、

前置詞とセットで覚えるのが良いです。

 

add to  ~を増す =increase

add A to B AをBに加える

search A for B Bを求めてAを探す

reply to~   ~に答える =answer~

insist on~   ~を主張する

take after~   ~と似ている =resemble

 

英語の自動詞と他動詞となると、

「覚えるしかない!」

的な事をいう人もいますが、ここまで説明してきた

ように、キーワードとして、

 

「動詞の直後」「目的語」か「前置詞」か

 

だけを見ても、それなりには分かるはずです。

 

まとめ―自動詞と他動詞

 

●自動詞はそこで完結・他動詞は他に影響を与える

●見分ける順序は「目的語」→「前置詞」→「文脈」

●自動詞と他動詞の割合は、他動詞90% 自動詞10%

●自動詞の後ろには前置詞・他動詞の後ろには目的語

●自動詞は前置詞とセットで覚える