英語の現在形は「今していること」ではない

「現在」形という名前があるので、つい、

 

現在形=今していること

 

と思ってしまう人が一定数いますが、

 

現在進行形でしている事は、それこそ、現在進行形

で表します

 

I'm reading a book. 私は本を読んでいます。

She is watching TV. 彼女はテレビを見ています。

 

等です。

 

 

一方、

英語の現在形は、「いま」を中心として、

過去・未来を含んだ時間を表します。

 

「いま起こっている事象」を表すのは現在進行形です。

(現在形が、現在行われている行動を表す事も0ではあ

りませんが、ほぼないと言えます)

 

では、英語の現在形は具体的に何を意味して、どう

いった場面で使うのでしょうか?

 

英語の現在形の意味―「現在の状態」を表す

英語の現在形を使う主な場面は以下です。

(もちろんこれ以外にもありますが、「主な」場面です)

現在形を使う主な場面

*大事なのは①と②です、④は受験勉強等で

ひっかけ問題によく出ますが、それ以外では

知らなくても困らないでしょう。

 

①一般的事実(現在の性質・状態)

②習慣的な行動

③真理・科学的事実

④未来の代用;確定未来、時・条件を表す副詞節

 

色々とありますが、シンプルに大事なことだけを言えば、

若干広い意味で、

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どの現在形の使用法も、

現在の状態を表しています

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

一つ一つ説明しますが、ネイティブ等の

英語でよく使われ、受験英語にもよくで

てきて、日本人がもっとも間違えやすい

のは「②習慣的な行動」です。

 

①一般的な事実(現在の性質・状態)

これは分かりやすいと思います。

 

She is ten years old. 彼女は10歳です。 (現在の状態)

He loves beer. 彼はビールが大好きです。(一般的事実)

 

②習慣的な行動

これが日本語的ではない英語の現在形なので、

知らないと分かりづらい部分です。

 

例えば、非常によく使われる英語表現で、

 

What do you do?

 

というものがあります。

 

この意味は?

 

「いま、何をしていますか?」

 

違います。その場合、進行形で

 

What are you doing?

 

です。

 

What do you do? は慣用句といっても良いですが、

立派な現在形の英語です。

 

①一般的事実と②習慣的行動、両方の要素がありますが、

意味としては、

What do you do? お仕事は何をしてますか?

直訳すれば、

「(一般的事実として)いつも何をしてますか?」

「(習慣的行動として)いつも何をしてますか?」

 

というイメージです。

 

「いつも何をしてますか」→お仕事は何ですか?

 

という理解で良いかと思います。

 

 

もう一つ、この現在形の使い方を紹介します。

ダスティン・ホフマンの出世作、アメリカン・ニューシネマの

名作『卒業』の名セリフから。

ダスティン・ホフマン演じる、青年ベンジャミンは、優秀な成績で

大学を卒業し、帰郷します。そこで、両親の友人で小さい頃から

知っている、アラフォーのミセス・ロビンソンに誘惑されます。

 

その際の、ミセス・ロビンソンのセリフがこちら。

 

What do you drink? Bourbon?

 

これを、「常識」的に、

 

「何を飲む? バーボン?」

 

と考えてしまうと、映画の面白みも、

現在形の理解もとらえきれません。

 

もし、これが

「何を飲みますか?」

と聞くのであれば、時間感覚に厳密な英語では、

一応「これから」の話なので、

 

飛行機などでよく聞かれる、

 

What would you drink? Bourbon?

What would you like (to drink)?

 

等の言い方になります。

 

が、ここでは現在形を使って、

 

What do you drink?

 

と聞いています。

 

 

はい、そうです。

現在形の意味②「習慣的な行動」

です。

 

What do you drink?  いつも(習慣として)何飲んでいるの?

 

とミセス・ロビンソンは聞いているのです。

 

つまり、大学を卒業した直後の学生に、

 

「あなた、もう子供じゃないから、いつも飲んでいる

お酒があるのよね? バーボンとか?」

 

と言いたいのを遠まわしに、かつシンプルに、かつ

おしゃれに誘惑しているのです。

 

 

シンプルだけど、大人な英語表現ですね~~。

現在形大事ですね~~~。

 

③真理・科学的事実

これは、①一般的事実の一部と言えるかもしれません。

 

Water consists of hydrogen and oxygen. 水は水素と酵素ならなる。

 

④未来の代用;確定未来、時・条件を表す副詞節

「現在の状態」として確定している未来。

Tomorrow is Christmas. 明日はクリスマスだ。

 

(個人的には、こんなの Tomorrow will be

でも良いと思いますけどね・・・)

時・条件を表す副詞節

*受験英語でよく出てきます。

 

これは、考え方をひっくり返すと

「時・条件を表す副詞節では未来形は使わない」

という事です。

 

「副詞節では」ですから、

when や if で始まる節が副詞的に、

●~の時

●~ならば

 

という場合には、

未来形の代わりに現在形を使います

 

例文)

I'll let you know as soon as I hear from our teacher.

先生から聞いたらすぐに君に知らせるよ。

 

You may visit me whenever it suits you.

都合のいい時にいつでも来ていいですよ。

 

この、

「時・条件の副詞節では現在形を使う」

という文法事項は、瑣末なトリビアクイズ的で

英文を理解するという意味で、本質的とは思え

ないので、僕は好きではありませんが、

受験英語にはよく出ます

 

例えば、上記の例文であれば、

______________________________

適当なものを選べ。

I'll let you know as soon as I(  ) from our teacher.

1 will hear  2 hear  3 would hear  4 heard

_______________________________

みたいな感じです。

 

受験英語では、非常によく出てきます・・・。

 

さらに、いじわるのになると、

when の節を使いながら、「副詞節」ではなく、「形容詞節」

だから、現在形ではなく、未来形を使うような問題が出ます。

 

The time will surely come when he will leave you.

 

こんな感じの問題です。

The time will surely come when he (leaves/ will leave) you.

 

これは、when/時の節ですが、「~の時に」の副詞節ではなく、

「~のような時が」という形容詞節なのです。

 

このwhenは関係副詞で、when 以下は形容詞の働きをしてい

る節です。

 

The time/ will surely come/ when he will leave you.

  (S)              (V)                     (M)  

 

 

The 受験英語って感じです。

アホらしいですね。

どっちでもいいと思いますけどね。

 

いちおう、覚えておくべきなのは、

副詞節の時だけ、未来形を現在形で代用する。

意味的には「~~の時に」「~~するならば」。

 

この種の受験英語を間違えないようにするのに良い方法は、

 

●受験前に、徹底して問題集を反復すること●

 

です。英語の理解というより、問題のための問題ですから、

基本的に出るパターンは決まっています。

 

問題集の「時・条件の副詞節」の所を何度も何度もやる

のが結果として一番効率的だと思います。

 

まあ、試験に受かったら忘れてしまうと思いますが、忘れて

いいでしょ。英会話で、この部分を未来形で言ったからと

いって意味は通じますから・・・。

 

現在形の例文

She is ten years old. 彼女は10歳です。(現在の状態)

 

He loves beer. 彼はビールが大好きです。 (一般的事実)

 

What do you do? お仕事は何をしてますか?(現在の状態)

What do you drink? いつも(習慣として)何飲んでいるの?

 

Water consists of hydrogen and oxygen. 水は水素と酵素ならなる。

Tomorrow is Christmas. 明日はクリスマスだ。

 

I'll let you know as soon as I hear from our teacher.

先生から聞いたらすぐに君に知らせるよ。

You may visit me whenever it suits you.

都合のいい時にいつでも来ていいですよ。

 

まとめ―英語の現在形

 

英語の現在形 まとめ

 

英語の現在形は「今していること」ではない

●英語の現在形の意味―「現在の状態」を表す

●「習慣的な行動」が一番大事;What do you do?

●受験英語としては、「時・条件の副詞節」がよく出る