このブログのスタンスは、

 

英語はシンプルに!

 

です。

 

ですので、

英語学習・英語理解として最低限必要な

ものの中に、5文型は入っていません

 

入ってはいませんが、

5文型の基本は知っていた方が

英語を読み解く上で効率が良いです。

 

なぜなら、幼い時に英語圏で暮らしていたとか、インター

ナショナルスクールにずっと通っていて周りが英語話者

ばかりだった、といった特殊な事情をもった人は、

 

「慣れ」

 

である程度の英語の仕組みは分かってしまいますが、

 

そうでない大部分の方にとっては、5文型の

基本をおさえるのが、結果としては英語理解の

近道であるのは間違いないからです。

 

より具体的に言うと、英語の5文型と言うのは、

ある種の

「語順のパターン」

だからです。

 

5文型は「語順のパターン」

 

英語の5文型は、英文を認識する際の「語順のパターン」です。

 

第1文型 S+V     「SがVする」

第2文型 S+V+C   「SがCである(になる)」

第3文型 S+V+O   「SがOを~する」

第4文型 S+V+O+O 「… SがO(人)にC(物や情報)を与える」

第5文型 S+V+O+C 「Sが、OがCするようにさせる」

 

複雑な長い英語の文章でも、基本的にはこの5つのパターン

のどれかに当てはまります

 

特に、各種受験(中学受験、高校受験、大学受験、TOEIC、

TOEFL、英検etc)の英語は、パターンから逸脱した英文

というのはほとんどないと言って良いでしょう。

 

そうすると、英語の5文型を理解するという事は、

英文をたった5つのパターンで読み解いていける

という事になります。

 

このブログでしつこく書いている、英語の二大原則、

 

これも、1はもろに第1文型SVがメインの話であり、

2は第2文型と第3文型の話をより簡易にしたものです。

 

 

ここまでの話は、言い方を変えると、

 

●英語の文章は「SVOC」という要素で分けていく事ができる●

●語順もSVOCの順番に(基本的には)なっている●

 

という事です。

 

例文)

He boiled the egg hard. 彼は卵を固くゆでた。

He(S)/ boiled(V)/ the egg(O)/ hard(C).

 

5文型を使うと、

このように、単語や品詞がつながってできている

英語の文章を、意味の要素に分けていく事ができます。

 

また、その要素がどういう順番(語順)で出てくる

も分かります。

 

5文型は、典型的な英語のパターンである

という理解ができると、英文理解が進みやすいのでは

ないでしょうか。

 

ですので、英語の5文型は、ズラズラズラッと書かれて

いる英文をどういった要素に「分けて」いけばいいかを

知るための道具だと考える事もできます。

 

 

では、少々抽象的ではありますが、「分ける」という

ことを切り口に、「分かる」という事について少し考

えてみましょう。

 

「分かる」は「分ける」

そもそも「分かる」とはなんなのか?

 

色々な答え方があるとは思いますが、一つの考え方

として、

 

分かるとは、対象をどれだけ「分けられているか」

 

という視点を提示したいと思います。

 

例えば、犬。

僕は犬にはほとんど興味がないので、パッと見て

分かるのはブルドックくらいです。

 

でも、「分かっている」人は違うと思います。

ヨークシャーテリアとか、ダックスフントとか、秋田犬

とか、とにかく犬種だけでも色々と「分けられる」でし

ょう。

 

あるいは、「雄」「雌」といった性別を分けることが

できる人もいるかもしれません。

 

飼い主であれば、同一犬種でもすぐに自分の犬が分かる

でしょうし、体調の変化にもすぐに気づくかもしれません。

 

それは、自分の犬をよく知っていて、他の犬との微細な

違いを見抜き、すぐに、

 

これがうちの犬! と「分けられる」

 

からだと言えるでしょう。

例えば、お酒。

僕はお酒が大好きなので、ビール、日本酒、ワイン、焼酎

と、色々な種類のものを飲みます。ビールも普段飲んでいる

ものかどうかはすぐに分かりますし、発泡酒とビールの違い

もたぶん分かります。

 

でも、全くお酒を飲まない人からしたら、ビールもワインも

「色が違う」くらいしか「分けられない」かもしれません。

 

 

はい、そうです。

「分かる」という事は、どれだけその対象を、細かく、

正確に「分けられる」かという事とつながります。

 

英語も同じです。

全く英語の素養がない人には、この文章も

He gave me a picture.

 

●ただの文字の羅列●

 

ですが、最低限分かる人なら、

 

●単語の区切りが分かる●

●分かる単語がある●

●単語は全部分かる●

 

と段々と「分けられて」いくわけです。

 

5文型を一通りマスターした人だと、

 

He(S)/ gave/(V)/ me(O)/ a picture(O).

 

だな、と分かるわけです。

 

つまり、「分かる」ためには、より細かく、より正確に

「分ける」事ができなければなりません。

 

英語を分かるための、分け方として5文型は、それなりに

便利です。

 

この記事のタイトルに答えるならば、

英語の5文型は身につけた方が良いです。

 

より英語を「分けやすく」なるからです。

分けられれば分けられるほど、英語の理解は早く正確に

なっていきます。

 

ただし、そこで、「日本語の勉強」になってはいけません。

やれ「目的格補語」だ、やれ「直接目的語」だ、とともすれ

ば、日本語の意味がよくわからない事で挫折していく人も

たくさんいます。

 

5文型はあくまでも英文を「分ける」ために使えば良いのです。

そのために、それぞれの解説記事では、重要な要素だけを

書いていますので、よろしければどうぞ。

 

第1文型 S+V     「SがVする」

第2文型 S+V+C   「SがCである(になる)」

第3文型 S+V+O   「SがOを~する」

第4文型 S+V+O+O 「… SがO(人)にC(物や情報)を与える」

第5文型 S+V+O+C 「Sが、OがCするようにさせる」

 

 

まとめ―英語の5文型について

 

●5文型を勉強するというより、英文の分け方として使いこなすべき

 

●5文型は英語の「語順のパターン」

 

●英語の文章は「SVOC」という要素で分けていく事ができる

 

●「SVOC」の語順は(基本的に)変わらない

 

●「分かる」とは「分ける」;分けるために5文型を使え!