英語学習者の多くの人が、なかなかスラスラと英文を

読めるようにならない理由の一つは、

 

●たくさんの英文法を(同じ重要度で)覚えようとする●

 

事にあると思います。

 

人間の脳にも能力にも限界がありますし、そもそも、瑣末な「トリビアクイズ」

的なことは覚えなくても良いとすら僕は考えています。

かの夏目漱石も、英語教師時代に、学生たちがあまりにも英語学習に時間を

かけすぎるのを不思議に思っていたとかいないとか。

 

 

では、英文を理解して行く上で、最重要の英文法とは何なのか?

 

英語の基本はS(主語)+V(動詞)

(Subject 主語, Verb 動詞)

英語の基本はS(主語)+V(動詞)

~~S~~ は ~~V~~する

~~S~~ が ~~V~~する

 

これが全てと言っても良いかもしれません。

 

あるいは、英文理解の「基本のき」。土台中の土台。

英語を読めるようになるために最も重要な事。

 

英語の基本はS(主語)+V(動詞)

 

 

これを頭で覚えて、実際に文章を読んでいく際に、そこに焦点を

当てて読み、それをひたすら繰り返す事で、体に染み付いていきます。

 

もちろん、現実に使われる英語の中には、例外はたくさんありますが、

例えば大学入試の英語などでは、あまりにも基本から逸脱したものは

出ませんので、やはり基本がもっとも大事です。

 

例文)

Spring has come.

春が来た(春になった)。

 

日本語は、「春ですね~」とか「春だな」とか、主語をはっきり

させない傾向がある言語です。

 

一方、英語は、主語(S)を必ずはっきりとさせて、そこから

順番に文章を作っていくという特徴があります

 

英語は何らかの主語(S)を使わないと文になりづらいです

英作文でも英会話でも何でも同じです。

 

何を当たり前な?

 

と思いましたか?

 

それならばそれで良いと思います。

 

逆に、え、そうなの? と思った方は、それを腹の底から

納得できるまで、この記事を何度も読み返すことをオスス

メします。

 

5文型すべてを同じように覚えようとするな!

英語の基本はS(主語)+V(動詞)

 

これをもう少しだけ説明すると、

 

いわゆる「5文型」の中の骨格部分がS+Vです。

 

第1文型 S+V

第2文型 S+V+C

第3文型 S+V+O

第4文型 S+V+O+O

第5文型 S+V+O+C

 

この5つは確かに大事ですし、英語の5文型を完璧に習得すれば、

当然、複雑な英文でも、より正確に理解できるでしょう。

 

でも、大変じゃないですか?

というか、すべてを同じ重要度で覚えようとするのは、

少し無駄じゃないですか?

 

 

もう一度、「5文型」を見てみましょう。

 

第1文型 S+V

第2文型 S+V+C

第3文型 S+V+O

第4文型 S+V+O+O

第5文型 S+V+O+C

 

そうです、5つの文型全てに共通するのは、

 

S+V

 

です。

 

(多少乱暴ではありますが)S+Vの無い英文はほとんど

存在しません。もちろん例外はありますが、英語という言語の

基本は、

 

主語Sがあって、次に動詞Vがくる

 

これです。

 

極めて大事な事なので、もう一度言い方を変えて書きます。

 

英語という言語は、

 

1 主語Sがあって、次に動詞Vがくる

2 順番も、先にS主語、次にV動詞(英語は語順の言語)

 

です。

 

このシンプルな原則が、最も大事な英語の基本です。

このブログではこの事を、書き方を変え、例を変え、

何度も何度も言っています。

 

ですので、5文型全てを完璧に覚える前に、まずは、

 

英語の基本はS(主語)+V(動詞)

 

ということを頭と体に覚えこませましょう。

 

S+V以外のM(修飾語)は無視しろ!

5文型と言うのは、いわゆる英文の骨組みになります。

骨組みですから、それに色々な肉付けが施されています。

その肉付け部分が付くと、複雑になるので、

 

「英語が分からない」

 

という事になってしまいがちです。

 

5文型を構成するS/V/O/C以外の部分は

修飾語句(M、Modifier)と言われます。

いわゆる「付属品」です。

 

そして、5文型を理解する際にもよく言われますが、

SVOC以外のM部分を、すべて「  」でくくって

考えると、複雑な英文が骨組みだけになって分かりやすく

なります。

 

 

が、このブログでは、

 

英語をシンプルに

 

と言っているので、もっとシンプルにする事を提唱します。

 

(最初のうちはという条件付ですが)

S+V以外の所はしょせんすべて「付属品」です。

 

ですので、

 

S+V以外のM(修飾語)は無視しろ!

 

と言い切らせてもらいます。

 

逆に言うと、その文章のS主語とV動詞を見つけられれば、

7~8割は理解できたと考えて大丈夫です。

 

こうなると、どこに精神を集中するかが分かってきた

気がしませんか?

 

そうです、主語と動詞です!

それ以外のM修飾語句は「 」に入れてしまいましょう。

 

 

英語における主語と動詞の重要度を理解したうえで、英文を

以下の二つに分けると、より分かりやすくなります。

 

__________________________________

(この部分に関しては、別の記事

英語の文型は大きく二つに分けられる;A=B or A→B;英文法講義2

があるので、ここでは簡単にまとめます)

 

 

(ほとんどの)英文は次の二つのどちらかと考える

事で理解が早まります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1 A=B

●●●(S主語)はorが×××である

I am a student.      私=学生

 

2 A→B

●●●(S主語)はorが×××(を~~)する

I read a book. 私→読む(本を)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

という構造からできているという事です。

 

当たり前と言えば当たり前ですが、多くの人がなかなか英語を

読めるようにならない理由の一つは、

 

S+V以外のゴチャゴチャとした部分で頭がこんがらがる

 

からだと思います。

 

 

英文は、

1 A=B

I am a student.      私は=学生

 

2 A→B

I read a book. 私は→読む(本を)

 

の二つに大別できる!

 

という具体的な事を、やや抽象的に言い換えると、

 

 

英語はシンプルに考えろ!

 

 

という事になります。

 

シンプルに考えないと(から)、大量の情報に流されて、どこに向かって

いるのかすら分からなくなり、結果として「英語が分からない」というこ

とになる、というのが英語を苦手にする一つのパターンです。

 

では、それを踏まえた上で、再度具体的にどのようにしていけば良いのでしょうか?

(この「具体」と「抽象」を行ったりきたりするのは、英語に限らず、学習

能力を上げていく基本になります)

________________________________________

 

主語Sを探せ!→動詞Vを探せ!

 

英語の基本はS(主語)+V(動詞)

 

である以上、

 

英文を理解するには、まず

 

1 S(主語)(~~は、~~が)を探すのが大事です。

 

ですが、それよりも大事・楽なのは

 

2 V(動詞) (~~である)を探す事です。

 

主語は一語とは限らないので、探しづらいこともありますが、

動詞は主語よりは探しやすいです。

 

主語Sと動詞Vが分かれば、英文の8~9割は分かった

と言って良いでしょう?

 

 

そういった意味では、英語は前から読むべきだと僕は考えています。

後ろから訳すときれいにはなるかもしれませんが、文意をスムーズに

とるためには、SとVを意識しながら前から訳したほうがいいでしょう。

 

英文理解の順番

1 その文章のV(動詞)を探す

2 (必ずVよりも前にある)S(主語)を探す

3 それ以外は、すべて付属品

4 前から訳す