いわゆる「5文型」の説明もしますが、このブログの方針は

 

英語はシンプルに!

 

なので、まずは

 

英語の基本はS(主語)+V(動詞);英文法講義1

英語の文型は大きく二つに分けられる;A=B or A→B;英文法講義2

の記事を読んでください。

 

第5文型S+V+O+CはOとCにSVの関係

第1文型 S+V 「SがVする」

第2文型 S+V+C 「SがCである(になる)」

第3文型 S+V+O 「SがOを~する」

第4文型 S+V+O+O 「… SがO(人)にC(物や情報)を与える」

第5文型 S+V+O+C 「Sが、OがCするようにさせる」

 

「SVOC 主語/ 動詞/ 目的語/ 補語」

He boiled the egg hard. 彼は卵を固くゆでた。

(頭の中では「彼はゆでた→卵を固く」の順番で前から訳す)

 

He(S)/ boiled(V)/ the egg(O)/ hard(C).

 

第5文型のポイントは、O=Cです。

(必ずしも分かりやすい=〔イコール〕でないこともあります)

 

意味の上で、

OとCの間に「主語+述語」(~は(が)・・である(する))

の関係があります。

 

ですので、

OとCはbe動詞で結ぶ事ができる

のが基本です。

 

the egg=hard 卵は固い  ですよね?

the egg is hard     ですよね?

 

 

They called me Taro. 彼らは僕をタロウと呼んだ。

They (S)/ called (V)/ me (O)/ Taro (C).

 

me=Taro

I am Taro

 

どちらも成立しますよね?

 

 

このように、

第5文型SVOCの補語(C)は、目的語(O)を

補うので、目的格補語と言われます。

 

ですので、第2文型SVCのS=Cの部分と基本的な

理解は同じです。

第2文型S+V+Cは「S=C」―5文型講義

 

意味上のS+Vが英語の基本;ネクサス(nexus)

このブログでは、英語の基本中の基本、最重要事項の一つが、

 

S(主語)+V(動詞)

(~は(が)・・する/ ~は(が)・・である)

 

であるとしつこく言っています。

 

これは、何も第1文型のS+Vや、それ以外の文型のS+V

だけの事ではありません(もちろんそれが大事なのは当然ですが)。

 

 

なぜ重要かと言うと、

 

英語という言語は、

S(主語)+V(動詞)的な関係を

ハッキリとさせたがるからです。

 

例えば、

●5文型で言う所のS+V

●第2文型SVCのS=C第2文型S+V+Cは「S=C」

●第5文型SVOCのO=C

 

こういった、

意味上の【主語+述語動詞】関係

(~は(が)・・する/ ~は(が)・・である)

の事を英語で、nexus(ネクサス)と言います。

 

英語と言うのは一種のネクサス言語と理解して良いと

思います。

 

つまり、意識的に、「主語+述語動詞」の関係をそこかしこ

に作りながら、文章を作っていきます。

 

~~は・・・である

~~は・・・する

~~が・・・である

~~が・・・する

 

この関係をハッキリさせないと英語は文章にならないわけです。

(日本語はその点非常にあいまいです)

 

だからこそ、

英語の基本はS(主語)+V(動詞);英文法講義1

なのです。

そういう意味では、第5文型SVOCのO=C部分の

ネクサスは、英語の基礎としは頂上付近の理解かもしれ

ません。

 

この辺りがすんなりと分かってくると、複雑な英文も

意外とスラスラと読めてきます。

 

第5文型SVOCにはネクサスが二つある

ネクサス=(文中にある)主語+述語動詞的な関係ですから、

 

第5文型SVOCであれば、

SVの所に当然存在します。

もう一つ、既に説明してきたように、OとCの所にもネクサス

関係が存在します。

 

つまり、第5文型

SVOCには、意味的に、

二つの「主語+述語動詞」

「(~は(が)・・する/ ~は(が)・・である)」

 

の関係がある事になります。

 

They called me Taro. 彼らは僕をタロウと呼んだ。

They (S)/ called (V)/ me (O)/ Taro (C).

 

彼らは僕を呼んだ ①

僕はタロウ ②

 

訳す場合には「僕はタロウ」ではおかしいですが、

意味的には「僕はタロウ」という部分が最も大事です。

意味的には、

I am Taro 

です。

 

OとCの間に主語+述語動詞の関係があるということは?

OとCの間に、意味上のS+V(主語+述語動詞)の関係

があるということは、日本語として(訳して)考えた場合

には、

 

SVOCのOとCの間には、

 

~~が(は)・・・する

~~が(は)・・・である

 

という関係があります。

 

例文)

He pushed the door open. 彼はドアを開けた。

He(S)/ pushed(V)/ the door(O)/ open(C).

 

普通に訳せば「彼はドアを開けた」ですが、大事なのは

OとCの間のネクサスです。

 

the door=open, the door is open

ドアは開いている

 

という意味上の主語+述語動詞の関係があるという

事が重要です。

 

 

これは極めて大事なことで、複雑な英文であっても、

ネクサス関係を見抜けると、すんなりと訳せる事が

多々あります。

 

そこでポイントとなるのは、

色々な所にあるS+V関係にM(修飾語)がくっついている

という事です。

このM(修飾語)に惑わされてしまう事が多いのですが、

シンプルに考える事と、練習を繰り返す事で

わかってきます。

 

例文)

They chose her chairperson of the meeting. 彼らは彼女をその会議の議長に選んだ

They(S)/ chose(V)/ her(O)/ chairperson(C)/ [of the meeting](M).

 

She=chairperson

She is chairperson.

 

この関係を見抜けるようになると、英語の理解はトントンといく

ようになります。

 

第5文型SVOCの例文

He boiled the egg hard. 彼は卵を固くゆでた。

He(S)/ boiled(V)/ the egg(O)/ hard(C).

 

They called me Taro. 彼らは僕をタロウと呼んだ。

They (S)/ called (V)/ me (O)/ Taro (C).

 

He pushed the door open. 彼はドアを開けた。

They chose her chairperson of the meeting.

 

第5文型SVOC まとめ

●第5文型のポイントは、O=C

(必ずしも分かりやすい=〔イコール〕でないこともあります)

 

●OとCの間に「主語+述語」(nexus, ネクサス)

(~は(が)・・である(する))の関係がある

 

●SVOCには二つ(SVとOC)の「主語+述語動詞」

(~は(が)・・である(する))の関係がある