英語の文型は大きく二つに分けられる

(特殊な例外を除き)

英語の文型・文章は大きく二つに分けられます。

 

A=B  型

A→B  型

 

です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1 A=B

●●●(S主語)はorが×××である

I am a student.      私=学生

 

2 A→B

●●●(S主語)はorが×××(を~~)する

I read a book. 私→読む(本を)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

それぞれ、個別に記事がありますので、詳細はそちらをご覧ください。

英語の2大文型;①A=B文

英語の2大文型;②A→B文

 

 

英語は「主語」と「動詞」が大事

大事な事は、英語の文章においては、

 

A=B 型

A→B 型

 

も、主語(A)が大事であり、「=」か「→」かは

動詞が決めるという事です。

 

だからこそ、英文理解のためには、主語を探し、動詞を探す

事がもっとも大事です。

 

そのあたりの事については、別の記事に詳細がありますので、

よろしければどうぞ。

 

英語の基本はS(主語)+V(動詞);英文法講義1

 

 

上記記事にもありますが、

 

どんなに難しい英文が出てきても、頭の中はシンプルに、

 

この英文は「A=B型」なのか「A→B」を考えて、

 

骨組みにあたる、「主語」と「動詞」を見つける事に

全精力を注ぐべきです。

 

なぜならば、

 

それ(主語と動詞)以外の要素はすべて付属品だから

 

です。付属品はなくても文章は機能しますが、本体と

しての主語と動詞がなければ文章になりません。

 

 

英語の基本はS(主語)+V(動詞);英文法講義1

の記事にも書きましたが、

 

主語と動詞を見つけて、それを前から訳す。

 

これが、英文理解の基本中の基本です。

 

例文、

The 2020 Republican National Convention will take place in Charlotte, North Carolina.

The 2020 Republican National Convention/ will/ take place/ in Charlotte, North Carolina

                          主語               動       詞

 

2020年の共和党大会は/ 行われる/ シャーロットで、ノースカロライナ州

 

これくらいのやり方で十分です。

 

用語・単語が分からなければ、そのまま言え(訳せ)ば良いんです

 

2020Republican National Conventionは、will/ take placeだ、(どこで)

in Charlotte, North Carolinaで。

 

これでも最初は良いと思います。

 

大事なのは、

1 動詞と主語を探すこと

2 前から訳す事

 

です。

 

 

なお、英語の決まった言い方として、地名は、

小さい方(小項目)から先に言います

 

Tokyo, Japan.

Shinjyuku, Tokyo.

Charlotte, North Carolina.

 

みたいな感じです。シャーロットというのはノースカロライナ州に

ある都市の名前です。

 

 

ちなみにこの文章はCNNのツイッターからそのまま持ってきました。

https://twitter.com/CNN/status/1020402072875937798